十勝最高級のホエー豚丼です。花畑牧場ホエー豚亭 十勝・豚丼(3人前)

 

花畑牧場ホエー豚亭は、人気の「生キャラメル」に続く、新しい目玉商品として注目されています。北海道十勝の花畑牧場では、新しい試みとしてチーズを作るときにできるカス「ホエー」を与えて育てた「ホエー豚」を使った「ホエー豚丼」をメインにした「花畑牧場ホエー豚亭」をオープンしました。

「ホエー豚亭」の「ホエー」というのは、チーズの作る際に出てくる液状のものです。「ホエー」は、チーズ作りの際には不要のものだと思われていました。つまり、「ホエー」は元々は不要のものだったのです。このところ、その栄養価やその働きが見直されています。サプリなどさまざまな商品で、その名前を見かけることも最近は多いでしょう。

そんな「ホエー」を活用した「ホエー豚」は、十勝地方では一般的になっており、花畑牧場でも、2008年頃からホエー豚の飼育を始めています。健康で肉の質の良い「ホエー豚」を使った「豚丼」は、肉が柔らかく、またさっぱりした味わいが評判なのだそうです。「豚丼」というのは、十勝では昔からなじみのある料理だそうで、十勝地方ではさまざまな特徴の「豚丼」が味わえますますが、全国的には花畑牧場ホエー豚亭がよく知られているようです。

十勝の花畑牧場ホエー豚亭は、「厩舎」と呼ばれる、馬を飼う小屋を改装して作られました。この「厩舎」の素朴な雰囲気と、オーナー田中義剛さんの厳選したインテリアによって、落ち着いた中にもセンス溢れる「花畑牧場ホエー豚亭」が誕生しました。外装や内装も注目したいですが、もちろん、「ホエー豚」の良さが充分に出ている「ホエー豚丼」にも注目したいですね。大胆に盛り付けられた「ホエー豚」のさっぱりとした肉質と、日本人なら誰でも大好きと言える甘辛なしょうゆ味の「ホエー豚丼」は、「花畑牧場ホエー豚亭」の目玉商品です。

北海道では、他にも、新千歳空港センタービル内の「花畑牧場ホエー豚亭」で、「ホエー豚」を味わうことが出来ます。隣には、話題の「生キャラメル」をメインとした「生キャラメルカフェ」が並びます。

関東では、「花畑牧場ホエー豚亭」を東京にオープンさせて東京進出したことも記憶に新しいでしょう。「花畑牧場ホエー豚亭」は、メインであるホエー豚の商品はもちろんのこと、東京では購入が難しい「生キャラメル」を、来店者オンリーに販売してもらえるとあって、連日行列が並んでいるのだそうです。

花畑牧場ホエー豚亭の味は、ネットショッピングで購入出来ますので、北海道や東京へ行けなくても、その味わいを確かめることが出来るでしょう。

このサイトを購読する